読谷村にあります。ocean side acupuncture studioです。日が暮れるのも早くなり、なんだか寂しくセンチメンタルになる季節ですね🍁

 毎年、この時期になると何だか気分が落ち込みがちになるという方も、多いのではないでしょうか?実は、それには自然の法則が関係しているのです。

読谷村 夕陽

 東洋医学では、秋の感情は「悲・憂」といわれていて、この時期は気分が落ち込みがちになったり、もの寂しく感じたりしやすくなりやすいといわれています。  ちょうど10月8日〜10月23日は、二十四節気で言うと、寒露(かんろ)といい、草木に冷たい露が降りる頃という意味だそうです。

秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりで、空気も夏のジメジメした湿から乾燥した空気へと変わっていきます。秋は、空気の乾燥で肺が侵され、咳や痰などが出て喘息などの呼吸疾患も出やすくなってきます。

紅葉 落ち葉

 このことを知っていると、あ〜私は自然の流れにのって生きているんだな〜、今年もきたか!この感じ〜。とどこかで思い出していただけたら、少しココロも楽になるかな〜と思います☺️🍀

 気分が落ち込みなんだか不安になると思いますが、これは自然現象の一つで地球に住んでいれば皆何かしら影響されているのです👍なんだか、スケールのでかいお話になってしまいましたが😂、、、

梨

加湿器をつけて乾燥を防いだり、体を潤す効果のある梨🍐がオススメです!梨は、百果の宗と呼ばれ、天然のミネラルウォーターとも言われるそうです😳❗️体の熱を冷やす効果もあるので、食べ過ぎにはご注意くださいね🙌

また、早寝早起きをしたり、夏に消耗したエネルギーを回復して冬に備えましょう🍂

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP